モデル募集オーディション

、簡単エントリー受付中

第1回 雰囲気

第1回 雰囲気

イメージ
モデルになるにためにやるべきこと。
モデルの商品は自分自身です。

スタイルや顔などの見た目はもちろん大事です。見た目はほとんど両親からもらったもの。
人より恵まれた容姿を持って生まれたなら、それは感謝するべきことです。
さらに見た目を磨き続けること、きれいに保つことも大事。

しかし、それだけではありません。
モデルは職業です。
だからプロ意識というものが必要です。
モデルに憧れているけど一歩を踏み出せていない人、これから挑戦しようという人。
そんな人の為に情報をお届けします。

ライン第1回 雰囲気

モデルの仕事で大事なことはなんでしょうか?
そう聞くと一番多い答え。
「可愛く写真に写ることです」
確かに間違いではありませんが、正解ではありません。

モデルの仕事はなんの為にあるのでしょうか?
答えは”売上を上げる為”です。

この話をすると多くのみなさんは、特に若い方は意外だという顔をされます。
しかし、よく考えてみてください。
雑誌であれば編集部、アパレルであればメーカーさん。
なぜわざわざモデルを起用するのでしょうか?

雑誌なら、別に文字だけだってかまわないし、服のカタログであれば、マネキンに服を着させてでもいいのでは?
そうすれば、モデルに払うギャラも必要ありません。
なのになぜ?

それは、モデルが登場したほうが、雑誌や商品が、ユーザーにとってより魅力的に見えて、より多く売れるからなんです。ということは、いいモデルとは、より多くの売り上げを上げる人ということになります。
イメージ
いくら可愛く写っても、細くても、顔がきれいでも売上が上がらなければ意味がないわけです。
これには色々な要素があります。

たとえば今の流行にあったキャラクターというものがありますから、運もありますね。
あと、クライアントが求めるイメージもある。
これも自分がもしそれと違っていたときに、努力ではどうしようもない運の部分があります。
しかし、運を嘆いても仕方がありません。
みなさんに出来ることは、自分の努力で高められることを頑張ることです。

さて、イメージや、流行のキャラクターなどの要素を除けばあとは何でしょうか?
売上が上がる要素。
みなさんが逆に買い物をするとき、カタログや雑誌、webなどで魅力的に感じるモデル。
(売れていたらそれは知名度で買う部分もありますから、今は売れている人は外しましょう)
そういう人が持っている共通の物。
なんだかわかりますか?
そう、幸せそうな雰囲気です。

雑誌やカタログなどをみたユーザーが、いいなー、うらやましいなと思わなければいけません。
そうするとそれは当然、不幸な人よりも幸せそうな人ですよね。
よく業界では”幸せそう感”と言ったりします。

さぁーこの幸せそう感。
どうやって身につけましょうか?
これはレッスンや、勉強で実につくものではありませんよね。

答えは一つ、日々幸せで楽しいことやワクワク体験を出来るだけたくさんすることです。

誤解がないように言っておくと、嫌なことや、困難から逃げて、楽に生きなさいということではありません。
むしろ、色々な難しいことや、新しいことに挑戦しないと、本当に大きなワクワクや、成功した達成感からの幸せは手に入りません。日々前向きに、好奇心と勇気をもって、どんどん新しいことに挑戦する。自分の気持ちが高ぶる、ワクワクすることをやり続ける。
イメージ
マイナス思考、悩み、不安、愚痴や文句、心配は禁物です。
そいったネガティブな物があると、その人の顔や雰囲気に間違いなくでてきます。
顔でいうと、口角は下がり、幸せそうでない顔の筋肉の付き方になってきます。
また、雰囲気は心がそのまま表れますから、どよーんとした、人が近寄りがたい雰囲気になってしまいます。

モデルとしてのプロ意識の一つ、おわかりいただけましたか?
これに関しては今からでもすぐに実践できます。
小さなことで言えば、知らないお店を見つけたら入ってみる、見たことのないジャンルの映画などを見てみる、新しい出会いを求めてみる。
その気になればすぐにできますよね。

心がけてみてください!!