モデル募集オーディションにエントリーする
全国モデル募集オーディション開催
このオーディションから様々なチャンスにつながります!
イメージ

枠

モデルを目指す皆様へお知らせ

枠

コロナウィルス感染予防のために、ラインのビデオ通話などを使っての
ビデオ通話オーディションを行っております。
外出せずにモデルの夢に挑戦できますので、是非お気軽にエントリーください。
  • オンラインオーディションか事務所での直接面談を選べます
  • コロナが不安な方、地方の方、忙しい方はネット中心のモデル活動も可能
このオーディション合格者には様々なチャンスがこのオーディション合格者には様々なチャンスが

枠

全国モデル募集オーディションって
どんなオーディションなの?

枠

枠
未経験で自信のない方や地方の方も大歓迎!未経験で自信のない方や地方の方も大歓迎!
こういう人は是非、全国モデル募集オーディションにエントリーくださいこういう人は是非、全国モデル募集オーディションにエントリーください
枠 枠
・モデルに興味がある13才から34才までの男女
・モデルに挑戦して自分を高めたいという意識のある方
・日本全国、地方の方もオーディションエントリーOK
・未成年の場合は保護者の同意を得られる方
枠 枠
エントリーはこちらエントリーはこちら
シンフォニアチャンネルシンフォニアチャンネル

枠

どこよりも安心と信頼の
(株)シンフォニアが運営

枠

枠
約束します約束します
ほんとうに大丈夫?ほんとうに大丈夫?

枠

全国モデル募集オーディションが
自信が無い方
全く経験がない方でも
エントリー可能な理由

枠

枠
イメージイメージ
イメージイメージ
だから・・・
イメージイメージ
イメージイメージ
枠 枠
・モデルに興味がある13才から34才までの男女
・モデルに挑戦して自分を高めたいという意識のある方
・日本全国、地方の方もオーディションエントリーOK
・未成年の場合は保護者の同意を得られる方
枠 枠
エントリーはこちらエントリーはこちら

枠

今回の全国モデル募集オーディションで
合格するとどうなるの?

枠

枠
STEP01

フォームからの簡単エントリー(1次審査)

たった1分で完了しますのでお気軽にエントリーください。
その後担当からご連絡、スマホで20分程度の簡単なビデオ面談を行います。
合格者は2次面談(最終審査)に進んでいただきます。
STEP02

2次面談

イメージ
1次審査に見事に合格した方、おめでとうございます。
次は2次最終面談です。

オンラインでのビデオ通話、またはオフィスにお越しいただいての面談どちらかをご相談の上決めさせていただきます。

地方や海外の方、普段忙しい方でも無理なく審査を受けることができますのでご安心ください。

全国モデル募集オーディションの2次最終面談は、和やかで気軽な空気の中で、気軽にお話をしながら行っていきます、厳しいものではありませんので、ご安心ください

地方の方で会場に来るのが難しい方、ご安心下さい

全国モデル募集オーディションでは、
ラインのビデオ通話を使って、スマホでのビデオ面談も行っています。
ですから、自宅や近所のカフェなどで気軽にスマホで面談が可能です。

今までなかった新しいスタイル、地方の方にもモデルに挑戦するチャンスができました!
全国モデル募集オーディションにお気軽にエントリーを!

枠

STEP03

モデルデビューの入り口

見事に二次面談も合格し、今回の全国モデル募集オーディションで選ばれると、
あなたはモデルデビューの入り口に入ることができました。

ここから先は、みなさん一人一人の憧れのモデル、好きなことや嫌いなこと、
今抱えているお悩や将来の夢を詳しくお聞きします。

全国モデル募集オーディション合格者の方は、一人一人に合わせた
プロデュースをし、あなたに合ったチャンスを提案します。

やりたくないことを無理に押し付けたりしませんのでご安心ください。
STEP01

フォームからの
簡単エントリー(1次審査)

たった1分で完了しますのでお気軽にエントリーください。
その後担当からご連絡、スマホで20分程度の簡単なビデオ面談を行います。
合格者は2次面談(最終審査)に進んでいただきます。
STEP02

2次面談

1次審査に見事に合格した方、おめでとうございます。
次は2次最終面談です。

オンラインでのビデオ通話、またはオフィスにお越しいただいての面談どちらかをご相談の上決めさせていただきます。

地方や海外の方、普段忙しい方でも無理なく審査を受けることができますのでご安心ください。

全国モデル募集オーディションの2次最終面談は、和やかで気軽な空気の中で、気軽にお話をしながら行っていきます、厳しいものではありませんので、ご安心ください

地方の方で会場に来るのが難しい方、ご安心下さい

全国モデル募集オーディションでは、
ラインのビデオ通話を使って、スマホでのビデオ面談も行っています。
ですから、自宅や近所のカフェなどで気軽にスマホで面談が可能です。

今までなかった新しいスタイル、地方の方にもモデルに挑戦するチャンスができました!
全国モデル募集オーディションにお気軽にエントリーを!
STEP03

モデルデビューの入り口

見事に二次面談も合格し、今回の全国モデル募集オーディションで選ばれると、あなたはモデルデビューの入り口に入ることができました。

ここから先は、みなさん一人一人の憧れのモデル、好きなことや嫌いなこと、今抱えているお悩や将来の夢を詳しくお聞きします。

全国モデル募集オーディション合格者の方は、一人一人に合わせたプロデュースをし、あなたに合ったチャンスを提案します。

やりたくないことを無理に押し付けたりしませんのでご安心ください。
オーディションに合格した方はこんなことに挑戦していますオーディションに合格した方はこんなことに挑戦しています
みなさん、学校や仕事、家庭の事など
いろいろな事情があると思います。

・学校や仕事が忙しい
・母子家庭でバイトも忙しく余裕がない
・地方であまり東京に来れない
・周りに反対されている
・結婚して子供もいる
・すでに事務所に所属してしまっている

などなど、それぞれに興味はあるけど、
挑戦できない事情かあると思います。
気にせずにまずはお気軽に相談してください。
今回の全国モデル募集オーディションに
エントリーする前に、相談だけしたい。
そういう方も大歓迎です。
気軽に当社までお電話ください。

全国モデル募集オーディションの面接担当が
丁寧にお悩みの相談に乗ります。

今回の全国モデル募集オーディションの合格されたら、
みなさんのご都合に合わせて、
最適な活動をすることができます。

ですから、まずはお気軽にエントリーしてみてください!
シンフォニアチャンネルシンフォニアチャンネル

枠

スタッフもモデルさんも仲が良いです

枠

写真

定期期に食事会もあって、スタッフにも気軽になんでも相談できます!


写真

モデル同士も仲が良く、お互い高めあっています!

枠

モデルオーディション合格者の声

枠

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真
枠 枠
・モデルに興味がある13才から34才までの男女
・モデルに挑戦して自分を高めたいという意識のある方
・日本全国、地方の方もオーディションエントリーOK
・未成年の場合は保護者の同意を得られる方
枠 枠
エントリーはこちらエントリーはこちら

枠

よくある質問

枠

枠
  • Q.ドクモとモデルの違いは? 
    A.モデルとはプロのモデルを指します、専属モデルやショーモデルなど、
    プロとして大きな仕事をしている人のことで、
    ポージングやウォーキングをマスターしていますし、
    最近のモデルはタレント的な要素も兼ね備えていますから、
    演技やトークも出来る人が多いです。

    ドクモは、どちらかというとプロではなく、
    一般の人だけど、モデルのような活動をしている人というイメージです。
    モデルの技術はないけど、何かしらの魅力で人気が出た人の事です。
    また、雑誌の素人を紹介するストリートスナップなどのコーナーに出ている人も
    ドクモと呼んだりします。

    ドクモはギャラが安く、それ一本で食べていくのは難しいです。
    ですから、ドクモからさらにモデルやタレントを目指してステップアップする人も多いです。
  • Q.サロモってなんですか? 
    A.サロモはサロンモデルの略で、読者モデルの中でも、
    活動を美容室のヘアモデルや広告中心に動いている方のことです。
  • Q.メンズモデルになりたいのですが、
     男性でもエントリーできますか? 
    A.はい、メンズモデルも募集していますので、男性でもエントリー可能です。
    モデル業界は雑誌やショーなど、女性の仕事の方が多いイメージがあると思います。
    ただ、男性はモデルに挑戦する人自体が少ないので、業界全体では男性モデルが不足している傾向にあると思います。
    男性がモデルに挑む場合、どうしても女性に比べて周囲の応援が得にくいようですが、今は社会人として仕事をしながらのモデル活動もやりやすい時代です、是非エントリーくださいませ。
  • Q.ドクモは誰でもなれますか? 
    A.ドクモといっても色々なキャラクターの方がいます。
    ファッションセンスが売りの人、メイクの技で人気の人、SNSで人気のある人など・・。
    いま自信がなくても大丈夫です。これから自分を磨き、何か一つ強みがあればチャンスはあります。
  • Q.地方に住んでいますが東京に出ないとダメですか? 
    A.以前は地方では活躍の場がありませんでしたが、最近はインターネットを使ってのチャンスが増えました。
    ですから地方にいながら自分を磨き、活動することも不可能ではありません。
    是非当社スタッフにお気軽にご相談ください。
  • Q.オーディションでは何をしますか? 
    A.専属モデルやタレントのオーディションでは比較的厳しめの審査が行われますが、
    ドクモオーディションの場合は未経験の方がほとんど、撮影をしたことが無いと言う人も珍しくありませんから、
    内容は簡単な撮影や、軽めの質疑応答などすごく軽いものです。
    自信がなく経験がない方でも安心して参加できます。
  • Q.一人で参加が不安です 
    A.是非保護者の方やご友人と一緒にご参加ください。
    未成年の場合は保護者の同意が必要ですから、最初から保護者の方と参加されることをお勧めいたします。
  • Q.母です、娘が読者モデルにあこがれていますが
     騙されないかと不安です。 
    A.残念ながら業界内でも、ごく一部の悪意ある業界人によって、ドクモ志望の方が詐欺や、
    犯罪に巻き込まれたという事件がまれに起こっています。
    保護者の方は非常にご心配だとお察しいたします。当社では信頼関係を大切にし、
    出来るだけ保護者の方とのご参加をお願いしております。
    是非娘さんと一緒にご参加くださいませ。
  • Q.仕事としてやっていけますか? 
    A.残念ながらドクモのギャラは安く、仕事としてやっていくとなると本当に一部の人にしか可能性がありません。
    ですから、社会人の場合は最初はアルバイトをしながらや、社会人としての仕事が無い時に活動するのが普通です。
    いきなり仕事をやめて、ドクモ一本でというのはおすすめしません。
  • Q.専門学校などに行った方がいいですか? 
    A.モデルスクールや芸能系専門学校はたくさんあります。
    ドクモから入り、いずれはモデルになりたいと思っている方は、学校に行ってちゃんと学ぶか、
    プロダクションに入りちゃとした教育やプロデュースを受けたほうが早いです。
    でもちょっと経験したい程度でしたら、そこまでしなくても問題ありません。
  • Q.ドクモになるにはどんな努力をすればいいですか? 
    A.ドクモになりたい人はたくさんいますが、何か一つ人気の出る武器をもてばチャンスは高まります。
    まずは出来る限り、いろいろな努力を試していきましょう。
    例えば、インスタグラムなどにファッションを投稿しSNSでファンを作ってみる、メイク、スタイル、
    ファッションなど見た目を磨く、トークやコミュニケーション能力など中身を磨くなどなど。
    大切なのは一つの努力を続けること、最低2,3年は続けてください。
  • Q.ドクモについて相談したいけど、相談できる人がいません 
    A.遠慮なく当社までご相談ください。
    電話でもメールでも結構です。当社では業界を盛り上げるために、ドクモを目指す方の相談窓口になったり、
    進路のアドバイスを無料で行っています。
    「ドクモになりたいのですが、相談に乗ってもらえませんか?」とご連絡ください。
    ご本人でも保護者の方でもかまいません。
    是非お気軽に活用してください。
  • Q.専属モデルになりたいのですが? 
    A.ドクモと専属モデルは別物と思ってください。
    最近はファッション誌の専属モデルが雑誌だけでなくテレビのバラエティーやドラマ、CMなどでも活躍していますね。
    以前と違って、専属モデルはほぼタレントのようになってきています。
    ですから、専属モデルはとてもハードルが高く、ポージングなどの能力はもちろん、タレント性、キャラクター、トークの能力も必要になってきています。
    専属モデルを目指す人はプロダクションに所属したほうがよいですし、事務所に専属モデルになりたいという事を話、ちゃんと指導とアドバイスをもらったほうが良いです。
シンフォニアチャンネルシンフォニアチャンネル

枠

モデルになるためのノウハウ

枠

枠
第11回 ポージング練習法 腰の使い方第11回 ポージング練習法 腰の使い方
さて、前回は軸足についてお話ししましたが、今回は腰の使い方について。ポージングにおいて、意識は手や脚にいきますが、実は重要なのは腰なのです。腰は体の中心にあります。そして女性のスタイルの美しさはウエストのくびれが重要。…ノウハウの続きを読む
ノウハウ
第12回 ポージング練習法 回転第12回 ポージング練習法 回転
ポージング練習法につきまして、続けて書いております。今回は”回転”初心者が最初にやるポーズの覚え方は、まずは雑誌などから他のモデルのコピー。物マネをします。5つくらい覚えてしまえば、多少アレンジをしながら流れをつくり、連続でなんとかなります。…ノウハウの続きを読む
ノウハウ
第13回 ポージング練習法 手第13回 ポージング練習法 手
さて、今回は意外と難しい手です。練習を続け、実践の撮影なんかも数をこなしてくると、ポージングにある程度バリエーションが出てきてそれほど考えずに体が動くようになります。ダンスでいうと動きを覚えて、考えなくても身体が反応して、無意識に出来るように…ノウハウの続きを読む
ノウハウ
第14回 ポージング練習法 表情第14回 ポージング練習法 表情
さて、今回は表情について。プリクラなどをよく撮るみなさんはどうすればかわいく撮れるかはある程度分かっているかと思います。プロのモデルとして活動する場合は一つかわいく撮れるパターンを一つだけもっている、これだけでは仕事ができません。…ノウハウの続きを読む
ノウハウ
第15回 ポージング練習法 顔角度第15回 ポージング練習法 顔角度
今回のテーマは顔角度。顔角度とは何か?そうです、そのままですが撮影の時、顔の角度を色々と変化させることです。普通の方は、「ハイ撮りまーす」というとどうなるか?だいたい、毎回決まった同じ角度で顔をカメラに向けます。…ノウハウの続きを読む
ノウハウ

枠

会社概要

枠

枠
全国モデル募集オーディション実行委員会
運営株式会社シンフォニア
東京渋谷オフィス〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町9-18-102 sinfonia
電話03-6868-6177 FAX03-6868-6178
大阪オフィス〒530-0036 大阪市北区与力町1-5与力町パークビル4階
電話06-6314-6581 FAX06-6314-6591
理念関わった全ての人が輝ける企業を目指す

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
プライバシーポリシー

 

株式会社シンフォニア(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の管理を行ないます。

個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答などとして、電子メールや資料のご送付などに利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を当社と関係のない第三者に開示いたしません。

・お客さまの同意がある場合
・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
・法令に基づき開示することが必要である場合

個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

お問い合せ
当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

株式会社シンフォニア

東京都渋谷区桜丘町9-18-102
電話 03-6868-6177

大阪府大阪市北区与力町1-5与力町パークビル4階
電話 06-6314-6581

e-mail web@sinfonia.cc
イメージ
枠 枠
・モデルに興味がある13才から34才までの男女
・モデルに挑戦して自分を高めたいという意識のある方
・日本全国、地方の方もオーディションエントリーOK
・未成年の場合は保護者の同意を得られる方
枠 枠
エントリーはこちらエントリーはこちら
クローズ
第11回 ポージング練習法 腰の使い方
さて、前回は軸足についてお話ししましたが、
今回は腰の使い方について。

ポージングにおいて、意識は手や脚にいきますが、
実は重要なのは腰なのです。

腰は体の中心にあります。

そして女性のスタイルの美しさはウエストの
くびれが重要。

そのくびれを演出するのは腰の使い方です。

まずは前回やったように重心を片足に
乗せて立ってください。

そして、軸足でないほうの骨盤、腰のでっぱりを手で
触ってみてください、この軸足でないほうの腰を
下に出来るだけ落とします。

そうすると軸足のほうのウエストにくびれが
できますよね?
第11回
この状態で軸足のくびれた側のウエストの筋肉意識して
締めてみてください。

そうするとよりくびれができるのがわかると思います。

これが出来たら反対側もやってみましょう。

両方やってみるとわかると思いますが、やりやすい
ほうと、やりづらいほうがありますよね?

普段立っているときに体重を乗せているほうはやりやすく、
その反対はやりづらいと思います。

両方同じ位できるように練習しましょう。

以上は腰を横に入れましたが、今度は後ろをやります。

腰を後ろに入れるとは、どういうことか?

まずはまっすぐ立ってみてください。

そして、お尻を後ろに突き出すイメージ。

お尻の上の背中の筋肉(ちょうどおへその裏側あたり)
ここの筋肉をギュッと締めるとお尻が突き出される
形になるのがわかりますか?

そうすると背中にくびれができますよね。
第11回
これで横から見た時に、女性らしいラインになります。

腰をストレッチすれば、だんだんやわらかくなり、
より動くようになります。

そうすると腰の入れ方で表現力がかなり広がります。

また、腰がちゃんと入ることで、胸があり、ウエストがくびれ
おしりがあるきれいなラインになります。

モデルにとっては、自分をきれいにみせることでもあり、
表現の幅を広げることにもつながっていきます。

お風呂上がりの体が柔らかくなっている時間帯に
是非鏡を見ながら練習してみてください。
クローズ
クローズ
第12回 ポージング練習法 回転
ポージング練習法につきまして、続けて書いております。

今回は”回転”

初心者が最初にやるポーズの覚え方は、まずは雑誌などから
他のモデルのコピー。物マネをします。

5つくらい覚えてしまえば、多少アレンジをしながら
流れをつくり、連続でなんとかなります。

さてこれができるようになり、細かい部分も磨き上げていく
わけですが、一度自分の写真を連続10枚ぐらいでご覧ください。

意外と前ばかり向いてはいませんか?
第12回
モデルの仕事というのは、何かの商品を引き立たせるということ
ですね。

例えば服だとしましょう。

みなさんも服を買う時にそうすると思いますが、色々な方向から
見たくありませんか?

手に取って、横や後ろも見てみますね。

試着室なんかにはいったらどうしますか?

右や左に回転して、色々な角度から見ますよね?

頑張って背中側も見ようとするはず。

色々な角度から服を観察して、さぁー買おうかどうしようかと
考えるわけですね。

さて、モデルの話に戻りますが、お客様にあたる方たちは
紙面を見ています。

その服を自分が着ているわけではないし、写真は右や左に
回ってくれないですよね。

今度は雑誌や紙面を作っている人、デザイナーさんやアパレルメーカーの
人の気持ちになってみましょう。

きっと、一番その服が魅力的に見える角度があって、それを読者のみなさんに
見てほしいと思うはずですね。

ということはです、ポージングの時に回転するということが大事なんです。
第12回
制作の方はあとからたくさんの写真の中から、いいのを選びます。
その時に前しか向いていなかったら選択肢がなくなります。

それが回転が必要な一つの理由です。

これがもし服の撮影ではなく、例えば自分自身のプロフィール写真で
あればどうなのか?

これも実は同じです。

女性の体は胸、ウエスト、お尻と凹凸があります。
ですから、手足を動かすよりも、角度を少しだけ変える、
例えば時計に例えると5分くらいでも随分とちがった絵になります。

ですから回転してたくさんの角度を残せばあとで選択の幅が広がる
わけです。

回転の大切さがわかりましたね?

では具体的にやり方です。

まずは軸足が重要、駒の中心の棒と同じですから、軸足から頭まで
の軸を意識します。

そのうえで自然に腰を回転させます。

軸足でない足やその他のパーツは自然についてこさせてくださいね。

回転のポイントは少しずつです。

女性の体の立体構造は少しの回転で大きな変化になります。
ですから、少しの角度を刻んでカットをとってください。
第12回
まとめます
 ・軸足からの身体の軸を意識
 ・腰を少しずつ回転
 ・軸足以外のパーツは自然についてこさせる

これで随分ポージングの幅が広がります。

さぁ、鏡の前でやってみましょう!!
クローズ
クローズ
第13回 ポージング練習法 手
さて、今回は意外と難しい手です。


練習を続け、実践の撮影なんかも数をこなしてくると、
ポージングにある程度バリエーションが出てきて
それほど考えずに体が動くようになります。


ダンスでいうと動きを覚えて、考えなくても
身体が反応して、無意識に出来るようになってくる
ようになってきますね。


そして、さらに細かいところをつきつめていくことになります。


すると次に出てくる難題が手です。
第13回
ポーズ、腰、身体の軸や体重移動、そのへんを使えるように
なると次は手をどうしようかな?


意外と手って難しいな!!


そう思ってくるのではないでしょうか?


その通りです、手って本当に難しいですし、
手が重要な表現、写真の雰囲気に影響を及ぼします。


目は口ほどに物を言うといいますね。


目を見れば、その人の感情がわかります。


実は目ほどではありませんが、手もそうなんです。


例えば緊張している人って手をどうしていますか?


自分の服をいじっていたり、片方の手でもう片方の
手の指をぎゅっと握っていたりしませんか?


また心を開いて人と話しているときなどは、
掌を人の方に向けていることが多いです。


腕組みしているときは、人は心理的に相手と
壁を作っているときです。


このように手はキレイに見せるということだけでなく
重要な感情表現でもあります。


さて、手の使いかたはどうすればいいか?


これは全てお伝えしようとするととてもこの一回
では伝えきれません。


なので今回は要点、練習方法をお伝えします。


まず何か一つのポージングをしたら、必ず手を
色々と変えてみてください。


例えば体のどこかを触るとき、掌でさわるのか、
指先だけで触るのか・・


やってみるとわかりますね、ずいぶんと雰囲気が
かわります。


あと、たとえば指先をかるく、頬にさわったような
ポーズ。


この時は、手首の角度を回転させてみてくだい。
随分と雰囲気が変わりますね。


あと手首の返しです。


手をまっすぐにしている場合と、手首をそらせて返す、
逆に手首を内に入れる、これでも随分と雰囲気がかわります。


そして、指の使い方重要です。


開く、閉じる、ぴんと伸ばす、ゆるく曲げる・・
第13回
一通りポーズを終えたら次は手にこだわってみてください。


少しずつ変えてみると、これだ!!と言うのが見つかるかも
しれませんよ。
クローズ
クローズ
第14回 ポージング練習法 表情
さて、今回は表情について。

プリクラなどをよく撮るみなさんはどうすれば
かわいく撮れるかはある程度分かっているかと思います。

プロのモデルとして活動する場合は一つかわいく撮れる
パターンを一つだけもっている、これだけでは仕事ができません。

なぜなら、現場やカメラマンによって、毎回求められる
イメージが違うからです。
第14回
今回は元気な感じで、今回はクールな感じ、
今回は柔らかい感じで・・

などなど、毎回違うイメージが求められます。

そんな中で、もし自分が一つのパターンしかもって
いなかったら・・

この状態で現場に出ると、現場からはあのモデルの
引き出しは少ないという評価になります。

そうすると、たまたまそういうイメージの撮影の場に
しか呼ばれなくなります。

現場で重要なのは、制作の方たちが求めている物に
応じて、色々な引き出して持っていて、状況によって
使い分けができるということです。
第14回
レベルが高いベテランになると、カメラマンのシャッターの
切り方で求めている物を読めたりします。

当然そういうモデルは制作にとって仕事がしやすいモデルと
なりますから、次も呼ばれる可能性が高くなります。

ここまでは引き出しの多さの話。

いくら引き出しが多いからといって、一つずつの表情の質が
あまり良くないと困りますね。

表情の質とは何か?

それは、感情がちゃんと表現されているかどうかです。

例えば元気な表情を求められたら、ちゃんと心からの
元気さが表現で来ていて、写真からも元気な空気感が伝わって
きているかどうか。

写真の空気感をつくれるのがいいモデルです。
第14回
その中で、もちろん可愛く写る角度や顔の筋肉の使い方も大事
ではありますが、それを意識しすぎで、感情の空気感が
伝わらないと、そちらの方が問題なわけです。

以上、まとめると、表情の引き出しの多さと感情表現の質、
最後に出来ればベストに映る角度や筋肉の使い方。

これが大切だということです。

プロなら当然押さえていなくてはなりません。

以上を踏まえて鏡に向き合ってみてください。

楽しみながら。
クローズ
クローズ
第15回 ポージング練習法 顔角度
今回のテーマは顔角度。

顔角度とは何か?

そうです、そのままですが撮影の時、
顔の角度を色々と変化させることです。

普通の方は、「ハイ撮りまーす」というとどうなるか?

だいたい、毎回決まった同じ角度で顔をカメラに向けます。
第15回
これには2つのパターンがあり、一つは、自分が良く写る角度を
研究し、この角度と決めていて、それで長年写真を撮っている
うちに、すっかり癖になってしまっているパターン。


もう一つは、無意識。
何も考えずにカメラに向くとその角度になるというもの。
多くの人は、効き目メインで物を見る為、効き目のほうを
正面に向ける傾向があります。
ですから、右目が効き目の人は顔は左寄りになります。


ということで、ほとんどの人が顔の角度は1パターンか
2パターン程度です。


さて、顔って複雑な形をしていますよね。
細かく凹凸がありますし。


少し角度を変えるだけで随分と雰囲気が変わります。
それも時計でいうと2,3分の角度を変えるだけでもです。
第15回
冒頭に申しあげたようにほとんどの方はその角度を試していません。
ですから、角度を変えるとどう写るのか知らないのです。


ということで角度を色々と変えて、まずは自分の顔を
知りましょうと言うのが今回のテーマ。


そして、無限にある自分の顔の角度を自在に使えば、
めちゃめちゃ表現の幅が広がります。


ではどのようにすれば?


顔の角度は3つあります。
縦、横、傾き(首をかしげるように顔を傾けること)


これを少しずつためしていこうとすると
たくさんパターンがあることに気づきますね。
第15回
しかも笑顔、真顔、クールな感じなど表情を
と組み合わせると大げさではなく、無限にあると
言ってもいいですね。


まずは鏡を見ながら練習しましょう。


最初はわかりやすく横の動き、左右を動かしていきます。
鼻の頭を数ミリずつ、右から左に少しずつ動かします。


その時に目は鏡の自分の目を見たままにしてください。
右端から左端、一つずつちゃんと止めながら動かしてください。


それができたら同じ要領で縦と角度。
そして傾きもやります。


さらにそれらを組み合わせてやる。
第15回
鏡の練習が一通り慣れたら、写真で撮影していってください。
数ミリずつやると動画のように膨大な量になりますね。


それを見て研究してください。
自分の顔の角度でここまで雰囲気が変わるのかと
驚くはずです。


楽しんでやってみてくださいね。
クローズ